綾瀬の地形と足立区の主な出身者

綾瀬は、分類の方法によって違うようですが、綾瀬駅周辺を広がる綾瀬川の東西に分けると考えることができるでしょう。
綾瀬川が北足立台地を削り取りながら南下する途中で、都内郊外の沖積平野に到達しますが、流域の大半は足立郡に属していました。
近代化の後には南北に分割されて、南足立郡の綾瀬村が誕生し、東京市に転入された後の都政施行で足立区の一部になった道筋があります。
かつては広大な田畑が溢れる要素で、純粋な農村だったようですが、荒川放水路が開削されたピークから大きな変容を遂げたようです。
電車は常磐線が通過していますが、荒川放水路を開削する際には線路の設定が行われました。
戦後には地下鉄千代田線も開業していますが、足立区の綾瀬駅の周辺では地上を通過しているのが面白いところです。
周辺の縮図を見ると、通りは規則正しくある部分が多いのですが、一部には屈曲した回廊が残されていることが分かります。
これは農地だった時代のものと思われ、完全に大都市化した表通りの中では貴重な遺構と言えるでしょう。
昔と比べると緑地面積も減っているグランドですが、周辺には荒川の河川敷緑地をはじめとして、東綾瀬公園や五反野親水緑道などの憩いの土俵が保全されているのは素晴らしいことではないでしょうか。
足立区出身の者はたくさんいます。
足立区は23区のひとつで、東京の北東部に位置します。
東京の人口は1350万を超えてあり、四捨五入すれば1400万となるわけで、日本の9.4人に1人は都内に住んで要ることになります。
その一翼をになう区ですから、多くの著名人を輩出する論拠だ。
足立区出身の者は、ビートたけしや朝ドラの波留、元キャンディーズの田中好子などです。
このあたりはほとんどの者が知っていることでしょう。
他に、アイドルの木村カエラやプロレスラーの平田一喜もいらっしゃる。
元野球アスリートで内野ポイントだった阿久根鋼吉、同じく石井晶くんも足立区生地だ。
石井晶くんは講評者ともなっていますので、知名度は良いでしょう。
タレントグループの忍者の、元一員の遠藤くんも大手でした。
足立区生地で現在も足立区に住んでいる人としては、北野大くんが挙げられます。
北野大くんは化学の学者で、TVによく参加しており、コメンテーターとしても活躍しています。
故人となりますが、相撲で東前頭3枚瞳まで栄転した宇多川勝太郎くんも出身者でした。
このように足立区は、各界に出身者を輩出していらっしゃる。
そうだ
足立区の整体ならここにしよう。