任意保険による交通事故治療の慰謝料を請求できる

足立には優秀な整骨院が多くあり、こうした医院で交通事故治療を受けると、加入している保険が任意保険であっても慰謝料を請求することは可能です。一般的に、自動車に関連する保険は自賠責保険と任意穂保険の二つが存在し、任意保険に関してはその保険会社の独自の基準によって示談や慰謝料の相場が判断されます。しかし、治療にかかる通院費や治療費というのは、あくまでもその患者が必要になった費用と等価であるため不当に保険会社が小さく見積もることはできません。これは実際に、後遺障害によって等級認定を受けた際にわかります。等級認定のように、客観的に後遺障害として認定された場合には、保険会社はそれまでよりも大きな相場で被害者に対して慰謝料を支出しなくてはならないので、治療にかかる費用はその状況はとても大事なのです。ただ、同じ治療とは言っても病院や整骨院は慰謝料の対象となりますが、整体に関しては客観的な医療施設とは定義されていないので、慰謝料を請求できない可能性が高いことを知っておくことです。整骨院と整体は同列のものではなく、資格の有無や医療施設として名乗ることができるかなどで明確な違いがあるので、交通事故治療をする際には整骨院に通院する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です