交通事故治療でむちうち症を診てもらう場合

運転をしていて後ろからの追突された、など交通事故で多いのがむちうち症です。むちうち症はその時は大したことがないと感じても、時間と共に首や頭が痛くなることが多いです。知らないうちに神経や脊髄を傷つけてしまっている場合もあり、注意が必要となります。
そのため交通事故が起き、交通事故治療として整骨院や整形外科を受診しますが、むちうちはレントゲンにうつることはないので、異常がないと診断されてしまうこともあります。骨には異常がない場合でも神経の部分に何らかの炎症や症状が出ていることがあるので、MRI検査を行うようにしましょう。
むちうち症は不眠症や頭痛、疲労感や倦怠感、めまいなどを引き起こすことがあり、集中力が以前よりも落ちてしまうことがあります。そのままにしておくと自律神経が乱れうつ状態となってしまうこともあるので、早めの対処が必要となります。
足立区の整骨院では、こういった交通事故治療を扱っている診療所が多くあり、特に首や肩、コリがひどい場合に受診し整体マッサージを行うと改善されていくことがあります。様々な整骨院がありますが、柔道整復師の資格を持っている所を受診すると良いでしょう。専門的に診てもらうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です